• Movable Type制作会社
  • Movable Type(MT、ムーバブルタイプ) イメージ
  • Movable Type(MT、ムーバブルタイプ) イメージ

Movable Type(MT、ムーバブルタイプ)をカスタマイズクリエイトブログシステムはソフトウェア版Movable Type(MT、ムーバブルタイプ)、Movable Type Cloud、Movable Type.netの総合ソリューションサービスです。
htmlファイルを静的生成する数少ないCMSであり、ブログソフトとしてのみならず企業ウェブサイトのCMSとして一世を風靡し、今だに圧倒的なシェアを誇っているMovable Typeを、お客様のビジネスごとに最適なカスタマイズを企画・立案し、長く使え、安全で安く、SEOにも最適なウェブサイトを制作し、貴社のビジネスへの集中と発展に貢献致します。
全ての企業・店舗・ビジネスに最高な情報発信ツールを提供し、運営コストの削減を実現します。»今、MTってどうなの?(Web担当者向け)



ウェブサイト制作 制作事例


弊社サービスのご利用例(弊社の使い方)

  • デザインデータをhtmlやMovable Typeへの入れ込みから依頼したい。
  • 公開中のサイトにMovable Typeを入れて更新できるようにしたい。
  • 既にあるMovable Typeでできているサイトの修正作業を頼みたい。
  • Movable Typeでできているサイトのサーバー引越しをしたい。
  • OEM、下請的に対応できるMovable Type業者を探している。
  • MTでスマホ対応したい。レスポンシブ対応したい。
  • MTテーマを探している。

Movable Type(MT)新着ニュース


Movable Typeで作るメリット(web担当者様向け)

WordPressはよく聞くけど、今Movable Typeって実際のところどうなの?(web担当者様向け)

検索ボリュームやカスタマイズ情報やプラグインやテーマの量などでWordPressが圧勝しています。個人がブログやアフィリエイトをするには無料ですし最適です。無料という面でいうとMovable TypeにもMTOSという無料版もありますが、最新版のMovable Type6からは対応しておらず、またMTOS(バージョンはMT5系)でカスタムフィールドなどを使いたいという場合は、やはり有償ライセンス版になってしまいます。
一方、WordPressはオープンソースなので本体は当然無料で、提供されてるプラグインも無料のものばかりです。MTはPerlで、WordPressはphpでできており、phpのシェア拡大もありphpの勉強にもなるという要素などもWordPress普及の後押しをしたかもしれません。もちろん本体が無料でも、制作会社などに依頼すれば制作費用は有料ですが。

ところで、弊社では実際のウェブサイト制作案件ではフルスクラッチでの開発の比率が多く(半分以上)、フルスクラッチ以外のCMS、つまりMTやWordPressなど、ECCubeやその他その時々に一世を風靡したCMSを触ってきましたが、実際に企業ウェブサイトなどに採用されているのはまだ一番Movable Typeが多いように思います。確認はとれませんがSixApartは上場企業の半分以上が何らかの形でMovable Typeを導入済みとのことでアナウンスしております。(これは嘘ではないと思います。)

htmlやphpファイルなどが静的生成だと、動的生成の場合と比べて何がいいの?

WordPressは動的生成、Movable Typeは静的生成というイメージが浸透していると思います。(MTはデフォルトでは静的生成の設定ですが、動的生成も普通に可能です。)Movable Typeが企業ウェブサイトで最も導入され続けたのには安価でいち早くホームページのCMSとして耐えうる機能があったことをはじめ色々な要素があったのかもしれませんが、htmlやphpファイルを静的(スタティック)に生成してくれるので、例えばプレスリリースの反響がよかったり、思わぬところでバズ(最近言わないですかね)られて自社ウェブサイトに注目が集まった際などに、ファイルを動的生成するCMSと比べ短期で急激なアクセス増加の負荷に耐えやすいというのも割と重要な一つの要素かと思います。これは何より会社のウェブ担当者としては非常に安心できるな要素です。何かあっても問題の切り分けも容易ですし。
機能的に素晴らしいCMSはそれこそ星の数ほどありますがhtml・phpなどのファイル静的生成の1点をカバーしていて安価なCMSがなかなかありません。MTはhtmlページを静的生成するゆえに記事の投稿時などに再構築が必要で(他のCMSと同様に動的生成にもできます)記事数が増えると時間がかかりますが、逆に言うとデメリットはこの1点です。しかもその時間もMT6で各段に短縮されています。現実に大手企業サイトにも普通にMTが実装されていたりします。弊社の問い合わせの感触ではこれは昔作って何となくそのままMTで放置というのでなく、能動的にMTを維持しているケースが多いです。長い目で見た場合にファイルを静的生成してあると、サーバー管理の負担も軽減されコスト安につながります。
大手系システム開発会社様が販売しているCMSなどですと数千万円とかかりますが、MTですとかなり色々な事ができてもライセンスは9万円程度からです。実際のところ不具合もほとんど起きないので、我々のような制作会社に月々の保守費用を払う必要もほとんどなくなり、事実上サーバー代金原価での運用が可能になります。

個人的にはWordPressが好きなかたでも、会社でウェブ担当者として会社のウェブサイトの運用を任された場合には、静的にファイルを生成してくれるMovable Typeでの運用も2015年現在でも十分に検討の価値があると確信しております。(実際にそのようにおっしゃるクライアント様が多いです)。Movable Type6のソフトウェア版のライセンスは9万円+税と個人がちょっと趣味でやるには高いですが、個人でも本格的なアフィリエイターや会社でやるのであれば安価なCMSであると言えます。WordPressから始めたかたでもMTを使ってみると愛着がわいてくるようです。また、個人でも本格的なブロガーやアフィリエイターなどには根強くMovable Typeで作っているかたが多いです。ファイルが静的に生成されるから万一サーバー側に負荷がかかっている場合なども、本当にサーバーが落ちているのでない限り、動的に生成しているCMSと比べて、最悪でもサイトの閲覧に極力影響がでないという点に加え、きちんとしたベンダーがウェブサイトのCMSとして開発・販売しているCMSということで社内でご納得いただけると確信しております。また、アメリカ生まれですが現在は日本で開発されている貴重なCMSでもあります。

ウェブサイトがすぐ簡単に更新できるようになります

いまどき当たり前ですが、管理画面にログイン→記事を書く→保存をするだけですぐにウェブサイトが更新されるので、情報発信・更新がすぐに行えます。

また、上記のように更新する部分以外の会社概要ページのようなページのhtmlなども管理できるので、大規模サイトから小規模サイトまで以外にもかなりたくさんの企業などのウェブサイトで今でもMovable TypeがウェブサイトのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)として導入されています。

インストールしただけではただのブログソフトです

WordPress同様、Movable Typeはインストールしただけではお客様の発信したい情報に合わせた柔軟な動きには対応しておりません。
不動産業なら新規物件情報の更新を、メーカーなら製品の情報を更新したいというような業種やお客様ごとのご要望に対応致します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Movable TypeMTOS(Movable Type Open Source)Movable Type CloudMovable Type.netに対応しております。

Movable Type、Movable Type Cloud、Movable Type.net、トフ(およびトフトフ)はSix Aaprt, Ltd.の登録商標です。